用語解説

【仮想通貨用語】ブロックチェーンとは?

更新日:

仮想通貨に使われている技術の一つで『ブロックチェーン』という物があります。

しかし、これがどうにも『分かりにくい』と感じる人も多いのでは?

 

wikipediaからの転載説明を載せておきます。

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術[1]、または、分散型ネットワークである[2]。
ブロックチェインとも[3][4]。
ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。
ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。
各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。
理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。
ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。
フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

素人には全く何を書いてるのか分かりません(笑)

これを超分かりやすく説明すると、1行で片付けられます。

 

『誰がお金を持ってるか、みんなで家計簿つけようね』

 

たったこれだけの事なんです。

 

スポンサードリンク



国のような中央集権に捉われなく、どこのパソコンで誰がいつ取引をしたのか?

 

という事を、みんなで家計簿つけましょうというのがブロックチェーン技術の事です。

 

 

そもそもビットコインが凄いと言われているのが、このブロックチェーン技術=家計簿のつけ方が巧妙という点。

 

『誰が何枚持っているのか?』

『誰が売り買いしたのか?』

 

これをP2Pという、個人間でのネットワークを繰り返すことによってみんなで家計簿をつけることを可能にしました。

 

分散台帳を実現する技術=ブロックチェーン

 

なのです。

だから、国の意思など関係なく『このコイン1枚には100万の価値がありますよ』と、利用してる人全員が認めてるようなものです。

 

これが『マイニング』という話に繋がってくるのですが、マイニングは別項目で取り扱っているのでそちらをご覧ください。

【仮想通貨用語】マイニングとは?

仮想通貨を始めるにあたって、『ブロックチェーン』と『マイニング』の二大キーワードは絶対に欠かせないです。 マイニングという言葉について、超簡単に説明します。   ちなみに『ブロックチェーン』 ...

続きを見る

 

仮想通貨の用語解説はこちらのページから

仮想通貨用語一覧

仮想通貨の用語を一覧にしてまとめてみました。 詳細記事も見れるので、初心者の方でも詳しく分かります。   あ行 ・アベコイン ・アービトラージ(アビトラ) ・板が厚い(薄い) ・イナゴ ・イ ...

続きを見る

参入者むけ


仮想通貨トレードをまだされていない、興味のある方へ。
ぜひこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所ZAIFの登録


Zaifには他にはないオリジナル銘柄が多数!
2018年話題間違いなしのCOMSAが売ってます。
初心者にオススメの仮想通貨取引所Zaif登録はこちらから

コイントレーダー


◆コイントレーダー◆
自動売買Botを使って効率的に売買!

初月無料なので、お試しも可能です。
CoinTraderに新規登録!

トラノコ


1円から投資出来る!おつりで投資トラノコにハマってます。

詳細記事はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



公式ツイッターは


当ブログの公式ツイッターはこちら

-用語解説
-

Copyright© 仮想通貨初心者の為の仮想通貨の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.