ニュース

【闇サイトで取引されたNEM】すでに5億円相当の売買がなされてる模様

投稿日:

やはり盗まれたNEMは取引済みだったようですね。

 

コインチェックのNEM流出事件で、犯人はすでに交換済みのようです。

交換した相手はなんと日本人らしいですよ。

国内で男性を任意で事情聴取、というニュースが出ていますね。

 

約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」のうち5億円分以上が、匿名性の高いダークウェブ(闇サイト)を介して、ビットコインなど他の仮想通貨に交換された疑いがあるそうです。

 

ライトコイン、とNEMを交換した疑いがあるという事ですね。

 

サイバー犯罪対策課は他にも交換に応じた人物が複数いると見ているようです。

 

 

ダークウェブのサイトやネムの動きを監視しているようなので、これから失われたNEMと交換した人が続々と出てきそうですね。

ダークウェブ(闇サイト)について少し調べてみました。

スポンサードリンク

犯人の摘発は難しい

『Tor』という言葉をご存知でしょうか?

 

ダークウェブ(闇サイト)の多くは、通常のインターネット接続方法では接続が出来ないような処理がされています。

それは私たちが使っているインターネット回線の『IPアドレス』(住所)がバレてしまうからですね。

『Tor』を利用すれば、このような接続経由をバレずに利用する事が可能なんです。

 

その『Tor』はあの一時期世間を賑わせた『パソコン遠隔操作事件』で有名になった『片山祐輔』も使っていたとされています。

 

これを使えばダークウェブ(闇サイト)に接続し、違法薬物や臓器。そして盗まれたNEMなどの売買も可能です。

おそらくこういった所でやりとりされるだろう、という確証はありましたが、本当にそこを利用していたんですね。

摘発が非常に難しい状況なので、警察もなかなか手が出せないと思います。

 

世界的にダークウェブ(闇サイト)問題は根深い

ありとあらゆる犯罪行為が、日常的に売買されているサイト。

今は無くなりましたが、一時期は『シルクロード』というサイトがダークウェブ(闇サイト)で有名でした。

これだけはなく、もっと多くのダークウェブ(闇サイト)は存在しています。

 

・Alphabay
・Dream Market
・Valhalla (Silkkitie)
・HANSA Market

 

ロシアから中東から、様々な国でダークウェブ(闇サイト)が利用されています。

なんかテロ組織が兵器を買ってる、なんて噂も……。

 

ミサイルを直で買うならバレバレですが、製造パーツを買うくらいでしたら造作もない事でしょう。

こわい世の中になりましたね…。

 

犯人の連中は相当インターネットに詳しい人物なので、他の取引所でも盗んだNEMを利用しようと画策しているはずです。

 

Monero(モネロ)がホワイトリスト入りできない理由

仮想通貨全体に言える事ですが、その匿名性の高さは『ダークウェブ(闇サイト)』で活発に利用されています。

支払いが仮想通貨なので、足がつきにくいのが理由ですね。

しかし、近年は匿名性が抜群に高いと言われているMonero(モネロ)が利用されている事が多いです。

 

 

一部の有識者の間で『Monero(モネロ)はホワイトリスト入りが無理だろう』と書かれているのを見ましたが、匿名性の高さというのは諸刃の剣になりうる、ということでしょうか。

こういった側面があるので、仮想通貨全体の足を引っ張る事になりかねない、と思います。

 

なんとかして欲しい、と思いますが……

私たち一般利用者が出来ることは、こういったサイトを使わないことですね。

参入者むけ


仮想通貨トレードをまだされていない、興味のある方へ。
ぜひこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所ZAIFの登録


Zaifには他にはないオリジナル銘柄が多数!
2018年話題間違いなしのCOMSAが売ってます。
初心者にオススメの仮想通貨取引所Zaif登録はこちらから

コイントレーダー


◆コイントレーダー◆
自動売買Botを使って効率的に売買!

初月無料なので、お試しも可能です。
CoinTraderに新規登録!

トラノコ


1円から投資出来る!おつりで投資トラノコにハマってます。

詳細記事はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



公式ツイッターは


当ブログの公式ツイッターはこちら

-ニュース
-,

Copyright© 仮想通貨初心者の為の仮想通貨の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.