用語解説

【仮想通貨用語解説】ホットウォレットとは?

投稿日:

『ホットウォレット』に預けていると、仮想通貨流出の恐れがある。

逆に『コールドウォレット』に預けていると、仮想通貨流出の危険性が無くなる。

 

 

スポンサードリンク

 

この対となる言葉の意味は、『インターネット上でアクセスできる場所にあるか、ないか』で片付けられます。

 

『ホットウォレット』とは、インターネット上でアクセスできる場所にあるお財布のことです。

つまり、取引所やアプリなどの常時インターネットのサーバーに上がっている仮想通貨は『ホットウォレットに預けている』という意味です。

 

これは何も仮想通貨だけではなく、実際の口座もそうですね。

今はインターネットバンキングで送金、という方も多いと思いますが、あれもある意味『ホットウォレット』と呼べます。

 

だから、各銀行は厳重に厳重を重ねて、個人情報が漏洩しないように注意しています。

 

通常、仮想通貨取引においては資産を『コールドウォレット』に保存する事が望ましいとされています。

 

【仮想通貨用語解説】コールドウォレットとは?

『コールドウォレット』とは、インターネット接続とは一切切り離されたお財布の事です。   仮想通貨取引所に預けてある通貨=それはまだ『ホットウォレット』です。   オフライン環境に通 ...

続きを見る

 

自分の端末のみでアクセス出来るように、仮想通貨取引に必要な『秘密鍵』を保持しておきましょう、という事ですね。

これは先日あった『コインチェックの580億円不正アクセス事件』のように、ハッキング防止に非常に効果があります。

回転や売買等で通貨を使用する際にはホットウォレットに移して、普段はコールドウォレットで保管するようにしましょう。

 

まるで銀行(コールドウォレット)と自分のお財布(ホットウォレット)のような関係ですね。

厳密には銀行がネット接続してる以上、完璧なコールドウォレットではないですが、自分の手元に現金があるより安全、という意味で理解ご理解ください。

 

 

仮想通貨の用語解説はこちらのページから

仮想通貨用語一覧

仮想通貨の用語を一覧にしてまとめてみました。 詳細記事も見れるので、初心者の方でも詳しく分かります。   あ行 ・アベコイン ・アービトラージ(アビトラ) ・板が厚い(薄い) ・イナゴ ・イ ...

続きを見る

参入者むけ


仮想通貨トレードをまだされていない、興味のある方へ。
ぜひこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所ZAIFの登録


Zaifには他にはないオリジナル銘柄が多数!
2018年話題間違いなしのCOMSAが売ってます。
初心者にオススメの仮想通貨取引所Zaif登録はこちらから

コイントレーダー


◆コイントレーダー◆
自動売買Botを使って効率的に売買!

初月無料なので、お試しも可能です。
CoinTraderに新規登録!

トラノコ


1円から投資出来る!おつりで投資トラノコにハマってます。

詳細記事はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



公式ツイッターは


当ブログの公式ツイッターはこちら

-用語解説
-

Copyright© 仮想通貨初心者の為の仮想通貨の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.