ニュース 暴落

【伝説の暴落】なぜ暴落してるの?あれほどガチホと言ってるのに下がるわけ

更新日:

1月16日、17日と現在ビットコインは大幅な下落を迎えています。

仮想通貨全体で失われた時価総額は、32兆円以上とのこと…。

しかも現在でも失われていますね。

狼狽売りが激しい状況です。

そもそもなぜこの暴落が起きたのか、皆さんはお気づきでしょうか?

私も調べていく内に分かった『ある事実』に驚かされます。

後どれくらい落ちるのか?についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

暴落前、後の時価総額推移

こちらが仮想通貨のおおまかな時価総額推移です。

 

2017年 1月  2兆円
2017年 6月  9.5兆円
2017年 10月  15.9兆円
2017年 12月  37兆円

2018年 1月8日 93兆円(最大)
2018年 1月16日 73兆円
2018年 1月17日 55兆円

この記事を書いている、1月17日現在もドンドン金が減っている状況です。

泡食って狼狽売りした人も多いのでは?(;'∀')

と心配になりますが、そもそもなぜこのような暴落が起きているのでしょうか?

原因と言われてるのは『3つ』です。

 

中国の人民銀行(PBoC)が規制強化を名言

ロイター通信からの抜粋です。

 

中国人民銀行(中央銀行)の潘功勝・副総裁は、仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解を示した。

中国当局は昨年、イニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開=ICO)を禁止し、国内の仮想通貨取引所を閉鎖。ビットコインのマイニング(採掘)を抑制したが、こうした取り締まりにもかかわらず、仮想通貨取引は代替ルートを通じて続いている。

潘副総裁によると、先週の会議では実体経済のニーズから外れ、規制を回避する「革新」の抑制を求める方針が明確になった。

潘副総裁はまた、中国のユーザー向けに仮想通貨取引サービスを提供する国内外のウェブサイトや携帯端末向けアプリを遮断して、仮想通貨決済サービスを手掛けるプラットフォームに制裁を科すべきとの考えも示した。

 

要するに、更なる規制強化を求めた、という事ですね。

確かにチャイナマネーは世界的に見ても美味しいですが、こんな今更の事で…と私は思いました。

中国にとって仮想通貨なんて規制するに決まってるじゃないですか?

特に1月から入ってきた新規参入の方は、事情を知らずに買っている方が多いです。

 

私も最初は知らなかったんですけど、すぐに『中国がOK出すわけがない』と気づきました。

 

一般的な話ですが、あの共産国が中央集権に属さない通貨なんて認めるわけないですよね?

仮想通貨が認められてるなら、そもそも中国はインターネット規制なんてしません。

国内の富裕層が持ってる金が、海外に逃げるのを阻止する為に仮想通貨を禁止するに決まっています。

逆に言えば、仮想通貨はそれくらい『超魅力的』という訳ですね。

 

韓国でも規制強化

先日当ブログでもご紹介しましたが、韓国でも匿名取引禁止になり、実名取引のみとなります。

 

【韓国は仮想通貨禁止になる?】匿名取引は完全に罰金になりました

1月14日のニュースで、韓国の仮想通貨に対する取り組みがまた分かりました。 今までは仮想通貨に対して匿名口座での取引が可能でしたが、それが今後不可能になるとのことです。     匿 ...

続きを見る

 

その他にも規制したい!という韓国政府の声があちこちから聞かれてますね。

それに反発してるのは、韓国の若者投資家の方たち。

すでに仮想通貨禁止の取り消しを願う署名は、20万人を超えているそうです。

こういった国レベルで『規制』という言葉が出ると、驚くのは日本人。

小心者な性格がまさに仮想通貨に出ている、という訳です。

 

暴落の要因として決定的な日本人の握力の無さ

今回の騒動は、一部の大口による仕手の可能性もある、と言われています。

 

しかし、それ以上にダメなのは『ガチホ』しなすぎな日本人の方。

特に1月参入してる方に、ハッキリ言いたい事が(笑)

 

『仮想通貨はバブルは崩壊したとしても、絶対に無くならないですよ』

 

仮想通貨の仕組みを知ってる人間は絶対にリップルやNEMなど次世代コインに投資します。

その理由は簡単で、ブロックチェーン技術がすげぇヤバイから。

【仮想通貨用語】ブロックチェーンとは?

仮想通貨に使われている技術の一つで『ブロックチェーン』という物があります。 しかし、これがどうにも『分かりにくい』と感じる人も多いのでは?   wikipediaからの転載説明を載せておきま ...

続きを見る

 

凄いから、世界が規制してるんですよ。

世界が規制してるって、それはインターネットの黎明期と同じような境遇にある状況です。

クッソ便利な物だから、規制しないとまずいんです。

日本やドル、ユーロなど、基軸通貨となる国にとっては仮想通貨のメリットはあまり感じられませんが、世界を舞台に考えてみて下さい。

 

例えば

韓国のウォン <<<< リップル

 

これは韓国に住んでる人間だったら、すっごく実感してる事実だと思います。

あんな不安定な国の通貨、日本政府以外保証しないですよ。

世界に嫌われ者国家の通貨でしょ?

北に爆弾抱えてて、いつ戦争になるかもわからん。

 

なんでも電子マネーとかで今済ませてる時代に、お金自体を電子化しよう、という仕組みがあって当然じゃないですか?

 

便利な物だから、世界が規制したりルールを強く求めたりするんです。

今がまさに黎明期の仮想通貨なので、この暴落程度で落ち込んで手放してしまうようでは絶対に稼げません。

そして、この暴落を『チャンス』と見て、回転を仕掛けたりしない脳死ガチホの人もまずいと思います。

 

私は暴落に気づいたのは朝の5時頃でしたが、意を決して120円台で売りました。

260円で買ったNEMを手放しました。

その損切り額は140円。。。。

大負けです。

 

しかし、資金が減る事なんてどうでもいいです。

この下げから行けば、まだまだ下がるのは明白だから120円で手放しました。

 

そうして現在の価格は95円を推移しています。

 

 

120円⇒95円

損切りをしてまで半値以下で買った理由は、『枚数』が欲しいから。

【仮想通貨の必勝法】枚数を増やすという意味がどれだけ大事なのか

『仮想通貨はガチホが一番!』   まるでおまじないのように、そう言われ続けてますね。   実際、私もそう思います。 ただ、本当にそれでいいのでしょうか? 私は貧乏人が更に儲けたけれ ...

続きを見る

 

そして先月の12月後半にあった暴落ショックで学んだこと。

 

それは『暴落の為に余剰資金を持っておくこと』です。

 

微々たるものですが、追加投資で5万を入金して、今相場が更に下落するのを待っています。

暴落したからガチホだ!と黙って見ている訳には行きません。

 

税金などで大量売り出来ない、のなら分かりますが、10万20万で参加してる人がほとんどの仮想通貨です。

たった10万でも大きく勝つ為には3つしか方法がありません。

 

『回転』『草コイン』を買うか『優良コインを買って数年待つ』

 

この3択しか勝つ方法がない事を理解して下さい。

今から億り人になろうと思うなら、上記のどれかを選択するしかあなたに勝ち目がありません。

まだまだ暴落は続くのか?

ツイッターなどでも見かけてるのが『12月初めに戻るではないか?』ということ。

私もそう思います。

こういった暴落を経験した人は、怖くなって資金を抜いてしまいます。

それを考えると、35兆円くらい…が相場でしょうか?

2017年 12月 37兆円

2018年 1月8日 93兆円(最大)
2018年 1月16日 73兆円
2018年 1月17日 55兆円

こちらのサイトで時価総額など分かるので、随時チェックしていく事をオススメします。

CoinGecko

 

しかし暴落していますね…(笑)

とにかく狼狽売りをしないで、暴落した時こそ買いのチャンスだ!と強く信じることをオススメします。

これからメルカリが参入したり、MUFGが仮想通貨取引所を開設したりします。

ビッグニュースが多い、技術革新の時代です。

未来を見据えて投資しなければならない時期に来てるんだと思います。

 

NEMが90円代で買える最後のチャンスかもしれません。

 




参入者むけ


仮想通貨トレードをまだされていない、興味のある方へ。
ぜひこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所ZAIFの登録


Zaifには他にはないオリジナル銘柄が多数!
2018年話題間違いなしのCOMSAが売ってます。
初心者にオススメの仮想通貨取引所Zaif登録はこちらから

コイントレーダー


◆コイントレーダー◆
自動売買Botを使って効率的に売買!

初月無料なので、お試しも可能です。
CoinTraderに新規登録!

トラノコ


1円から投資出来る!おつりで投資トラノコにハマってます。

詳細記事はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



公式ツイッターは


当ブログの公式ツイッターはこちら

-ニュース, 暴落
-

Copyright© 仮想通貨初心者の為の仮想通貨の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.