ニュース

【MUFGコイン登場!】三菱東京UFJ銀行が仮想通貨取引所を解説のビッグニュース

投稿日:

仮想通貨業界にビッグニュースが飛び込んできましたね。

遂に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が取引所を開設です。

独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を発行する為に新たな取引所を開設する方針を決めたようです。

これによって更に市場拡大を見込めると共に、ある一つの事実が社会に出回る事になりそうですね。

スポンサードリンク

MUFGコインで100万以上送金できる

1MUFGコイン=ほぼ1円として決済や送金に使えるようになります。

電子マネーとの決定的な違いは、送金できるお金の数。

仮想通貨は法律上、お金としてみなされてないということですから、ただの仮想通貨=コインです。

1MUFGコインを、絶対に1円にするか、ほぼ1円にするかは天地の違いがあるんです。

円と同じ扱いにしてしまえば、銀行を介さずに100万円超の送金を禁じる資金決済法が適用されることになります。

そうなれば企業側としても、電子マネーと同じ扱いになってしまうので、使いずらい。

だからMUFGでは、独自の取引所で徹底的に1MUFGコイン=ほぼ1円として流通させるつもりなんですね。

 

MUFGコインから他のコインは買えるのか?

その可能性が圧倒的に高くなりましたね。

例えば今のZaifにおける『ZEN』のようなものです。

Zaifのトークンの欄の一番下に、常に1円で価格調整されているMUFGコインのコンセプト的な通貨があるのはご存知ですか?

これです。

日本円に対して為替が安定した仮想通貨を志向したデジタルトークン「Zen」の社会実験を開始

これまで、世界中で様々な仮想通貨が作られ流通してきました。

しかしながら、最大の流通量を誇るビットコインですら、各国の法定通貨(米ドルや日本円など)に対する為替の変動が激しく、多くの企業において、実ビジネスの決済に使用するにはリスクが高く、企業活動における仮想通貨の普及を妨げる要因となっていました。

Zenは、対日本円為替レートが安定的に推移する仮想通貨を作り出すことができるかどうかにつき社会実験する日本初のプロジェクトです。

 

これって、暴騰暴落を繰り返す仮想通貨ではなく、安定的な通貨の流通を目指すこと、ですよね。

つまりMUFGコインとコンセプトは同じです。

この取引所、Zaifでこのような試みをしてるという事は……。

 

MUFGの取引所でも『NEM』や『リップル』を扱う可能性が極めて高いと言えるでしょう。

 

そうなれば、気になるのはMUFGの出方です。

投資信託などをしてる方を対象に仮想通貨の商売を始める気がします。

より多くの巨額マネーと、銀行というブランド力で市場は活性化されること間違いなし。

MUFGの取引所に出る通貨は、超安心安全な銘柄しか出なそうです。

となれば、現行のイーサやネム、リップルなどが上場しそうな気がします。

2018年は安定通貨を購入する年かもしれませんね。

参入者むけ


仮想通貨トレードをまだされていない、興味のある方へ。
ぜひこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所ZAIFの登録


Zaifには他にはないオリジナル銘柄が多数!
2018年話題間違いなしのCOMSAが売ってます。
初心者にオススメの仮想通貨取引所Zaif登録はこちらから

コイントレーダー


◆コイントレーダー◆
自動売買Botを使って効率的に売買!

初月無料なので、お試しも可能です。
CoinTraderに新規登録!

トラノコ


1円から投資出来る!おつりで投資トラノコにハマってます。

詳細記事はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



公式ツイッターは


当ブログの公式ツイッターはこちら

-ニュース
-

Copyright© 仮想通貨初心者の為の仮想通貨の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.