仮想通貨

【ICOで世界が変わる】メガベンチャーが仮想通貨に参入する未来

投稿日:

時代の流れは確実に仮想通貨に向いてきました。

 

 

リップルの送金システムを利用して、日本の銀行たちは手数料の安さを求めてその技術を利用し始めています。

仮想通貨のバブルはなくなったとしても、仮想通貨という技術自体は素晴らしい物で、価値があるものだと世界で認められてきました。

だから、今仮想通貨が詐欺、と言ってる人ほど後で黙る社会になるのは間違いないです。

そんな中で、まさに今『DMMビットコイン』といった取引所がオープンします。

DMMについては当ブログでも何度か取り上げていますが、日本の超大手IT企業。

【DMM Bitcoin開設】レバレッジ取引可能な新サービスで億り人が狙える!?

  2018年1月11日より『DMM Bitcoin』が始動します。 DMMと言えば、アダルト産業を基軸にDMMFXなども手掛けてるITの多業種企業。   ビートたけしさんのCMな ...

続きを見る

 

『対大人』向けのコンテンツなら、一番ではないでしょうか?

そんなDMMが取引所を開設するのですから、必ず、出来ます。

 

『DMMコイン』

 

独自のトークンを作って、それを流通させることこそが、DMMが更なる発展をする為に必要な事なんです。

今はまだ正式発表していませんが、すでにプロジェクトが動いていると私は思っています。

 

DMMコインがもし出回れば、日本という社会は大きく変わる事になり得ます。

そんな『メガベンチャー』企業がこれからドンドン参入してくる、という事に気づいて欲しい。

 

 

※この記事を書いた数時間後に、まさかのメルカリが仮想通貨参入を発表しました。

 

スポンサードリンク

メガベンチャーの独自コインが世界を変える

例えば日本で最近盛り上がってるのは『メルカリ』だったりしますね。

現在の通貨は、日本円です。
(当たり前ですが)

もしこれが、ICOを発表して『メルカリコイン』という物が出来上がればどうなるでしょうか?

クレジットカードよりも早く、そして安く、購入者はお金を振り込むことが出来ます。

主婦や学生などの層がこぞって利用してるメルカリですから、その方面での効果は絶大と呼べるでしょう。

 

ビジネス上では、クラウドソーシングも流行っています。

簡単に言えば、インターネット上で働くことを結びつけるサービス、ですね。

副業としてイラストを描いたり、ビジネス指南をしたりと多岐に渡ります。

 

 

ネット上で人を雇って、それの対価として報酬を支払う。

有名サイトであれば『クラウドワークス』というサイトがありますね。

 

 

500円からのワンコインで利用できる『ココナラ』というサービスも人気です。

 

 

このクラウドワークスも『クラウドワークスコイン』なんてものが発行されたらどうなるでしょう。

現在、仲介手数料としてクラウドソーシング系サイトは結構な額を引いています。

30%近く抜いてる会社もありますが、これが『専用の仮想通貨』を使えば手数料が安くなるとします。

 

すぐに流通するのは明らかです。

ガンホーやMixiなどのスマホゲーム会社に多大なるメリット

人間の心理ですが、あなたは今1万円を持っているとします。

現金でスマホゲ-ムに課金するとしたら、一瞬躊躇しませんか?

 

私はします。

思いっきり躊躇しています。

 

『本当に課金していいのだろうか?』

『この1万円があれば、美味しい物が食べられる』

 

そう思って辞めた事は何回もあります。

 

それに比べて、現在『携帯電話会社引き落とし』というサービスがあります。

itunesカードなどを、携帯電話会社から購入出来るシステム。

 

ひと手間かかるのですが、これが怖い。

自分の手元からお金が減った感覚がなくて、課金が出来てしまうんです。

 

この速度もかなり早いですが、もしゲーム会社が独自のトークンを発行したとして、それで課金が出来るようになると物凄く敷居が低くなります。

利用者目線に立ってみたら、『金が吸い取られる…』と思うかもしれませんが、使用者目線で考えてみて下さい。

 

『すぐに課金させられるシステム』

 

これほど売り上げを倍増出来るシステムはありません。

パチンコを例に考えてみる

例えばですが、パチンコありますよね。

今でこそ『ICカード』で、1万円を入金したらボタンを押すだけで玉が出てくるシステムですが。

 

 

昔は違ったんです。

 

自分で通路の中央にある、玉貸し機に自分の足で歩いて行く必要があったんです。

ゲームセンターのメダルを借りに行くようなものだと思ってください。

 

 

負けがこんでる人間は、当然のようにそこで何度も球を借りるんです。

その当時の単位は100円から借りることが出来ました。

それが『カード式』に切り替わってから500円単位で玉を借りるシステムになって。

千円単位での入金しか受け付けなくなりました。

 

その時に、何が起こったか?

 

人間の心理的に『1000円』入れたら全部使います。

ホールに行ったら、1000円を入れて500円でやめる時は一つしかありません。回らない時です。

 

基本的に回らない時は500円で台を移動しますが、それは例外に近いです。

1000円を入れたら1000円打ちます。球貸しが用意だから。

 

現金を入れて自分から球を借りに行く

現金をカードに入れて、勝手に玉が出てくる

 

時間にしてみたら、これによってパチンコを打つ速度が1分~2分くらい短縮されました。

 

ほんの些細な事ですが、人は基本的に面倒くさがりな生き物。

その『面倒さ』を利用して、世の中はサービスが成り立っているんですね。

 

パチンコ業界は『カード化』の時に最大の売り上げを記録しました。

 

以後、今ももちろん続いています。

 

そりゃサイフからいちいち千円を取り出さないので、感覚はマヒして使いすぎてしまいます。

だからデジタル化の波に乗って、仮想通貨の波が業界を席巻している今だからこそ、この仕組みを利用しないはずがないんです。

 

現金が必要としない社会。仮想通貨の社会。

私たち利用者も便利になる事はもちろんですが、一番欲している所は企業、そして国です。

税金を欲している国は、喉から手が出るほど欲しいシステムなんです。

 

デジタルでお金の流れが全てわかるんですから、国民のお金の流れが全てわかります。

まして日本という国は超高齢化社会

 

国は少しでも働いている世代から税金が欲しいので、仮想通貨技術に頼る事は明白だと私は考えます。

ただ、それが『ビットコイン』に頼るとは思えません。

 

国独自の基軸となる仮想通貨、が近い将来出来ます。

例えば1円=1YENという仮想通貨が出来たら、給料は全て1YENになりますね。

 

1YENで『ガンホーコイン』を買ってみたり『DMMコイン』を買ってみたり。

現金⇒仮想通貨という流れが、もう元から『国の仮想通貨』で支払う事になったとしたら。

 

誰がどこに金を動かしたら瞬時に分かります。

 

メガベンチャーの会社が仮想通貨を作ると、それだけ世界を変えることになります。

こういう社会が訪れるのも時間の間近かもしれません。

参入者むけ


仮想通貨トレードをまだされていない、興味のある方へ。
ぜひこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所ZAIFの登録


Zaifには他にはないオリジナル銘柄が多数!
2018年話題間違いなしのCOMSAが売ってます。
初心者にオススメの仮想通貨取引所Zaif登録はこちらから

コイントレーダー


◆コイントレーダー◆
自動売買Botを使って効率的に売買!

初月無料なので、お試しも可能です。
CoinTraderに新規登録!

トラノコ


1円から投資出来る!おつりで投資トラノコにハマってます。

詳細記事はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



公式ツイッターは


当ブログの公式ツイッターはこちら

-仮想通貨
-, , , ,

Copyright© 仮想通貨初心者の為の仮想通貨の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.